サラリーマンの不動産投資方法

利回りの秘密大きく儲けるための計算のコツ

利回りとは、投資した金額に対する収益のことです。

 

基本的に年利で表されますので、

 

物件価格に対して1年間にどれくらいの利益が出たかといことです。

 

また、利回りには”表面利回り”とか、

 

実質とかネットとかグロスとか”利回り”の前にいろいろつきます。

 

表面利回り=グロス利回りで、実質利回りとネット利回りは一緒の意味です。

 

 

表面利回り(グロス)は単純に物件価格と年間賃料から利回りを計算していますが

 

実質利回り(ネット)は年間賃料から、

 

管理料や固定資産税などの諸経費を引いた後の実質の利益から利回りを計算します。

 

例えば取得価格1000万の物件に対して、年間の賃料が100万だったとしたら

 

この物件の利回りは10%になり、これが表面利回り。

 

10%というのは単純に10年で元を取れるという目安にもなります。

 

 

管理費や固定資産税などの経費に年間20万かかったとすると。

 

実質の利益は80万になります。

 

そうすると実質利回り(ネット)は8%ということになります。

 

大家さんになる前に広告でのうたい文句や、

 

営業マンのお勧めトークは表面利回りで語られることが多いですが

 

実際に投資をするときは実質利回り(ネット)で考えましょう。

 

「減価償却での節税効果もあるから実質はもっと」と考えがちですが、

 

減価償却での節税はおまけだと思って利回り計算との時は除外しておきましょう。

 

 


inserted by FC2 system