サラリーマンの不動産投資方法

ちょっとしたことでお金持ちになる方法空室対策をするコツ

不動産投資で大家さんを襲うリスクはたくさんありますが、

 

そのリスクをきちんと理解し対策を立てておけば安心です。

 

大家さんを襲うリスクで一番多いのは、空室リスクです。

 

不動産は賃貸することによって収益がでますが、空家のままでは収益はでません。

 

それどころかローンの支払いによる、

 

マイナスのキャッシュフローが発生するかもしれません。

 

この場合は、そのリスクはあるものとし空室がなかったらラッキーぐらいに考えましょう

 

この時重要なのは、どれくらいの期間なら空家になっていても大丈夫かです。

 

 

目安としては3カ月、

 

最悪半年くらいは見越しておいて蓄えなのでリスクヘッジをしましょう。

 

家賃保証をつけてくれる賃貸管理会社もありますがコストがかかります。

 

その目安を立てたら、一度空きがでたら半年以上埋まりそうもない物件は、

 

最初から手を出すのはやめましょう。

 

どのように見分けるかは、まず直感!

 

自分自身を信じましょう!直感はあたります。

 

その次は周辺の賃貸業者の評判です。

 

 

将来自分のお客さんになってくれるかもしれないので、聞けばいろいろ教えてくれます。

 

その他、駅からの距離、駅からの道にコンビニはあるか?など

 

「自分がもし借りるとしたら」という視点で物件を見るのも重要です。

 

それでも、

 

空室になる場合もありますがよりリスクの低い物件を取得するようにしましょう。


inserted by FC2 system